2010年02月04日

テレ朝が業績予想を上方修正 10年3月期、スポット広告が好調(産経新聞)

 テレビ朝日は29日、2010年3月期の通期業績見通しを上方修正し、最終利益を従来予想の34億円から43億円に引き上げた。売上高も2262億円から2276億円に引き上げた。景気の回復で広告のスポット収入が、見込みを上回る水準で推移しているため。

 同時に発表した09年4〜12月期連結決算は、売上高が前年同期比8.3%減の1729億円、最終利益が2.1倍の44億円の減収増益だった。番組制作費の削減などが利益を押し上げた。

【関連記事】
不況だからこそ!「値切り」のコツは“ズレ買い”“またぎ”
サムスン、増収増益 09年10〜12月期、薄型テレビ、携帯が好調
王将、日高屋に死角なし!? 中華大戦争で相乗効果
でき婚、薬物、経費削減…2009年の芸能・メディア界
魅力的な未来図描けるか ポリシー・プランニング

川内原発で感電、3人重傷=点検作業中−鹿児島(時事通信)
陸山会土地購入 小沢氏不起訴の方向で検討 東京地検(毎日新聞)
ブルトレ「北陸」とボンネット「能登」 ラストラン間近(産経新聞)
国内医療用医薬品は順調に推移―田辺三菱製薬4−12月期決算(医療介護CBニュース)
「マネ辞任幕引き」「解雇で訴訟」 朝青龍事件乱れ飛ぶ怪情報(J-CASTニュース)
posted by ヤスダ キンジロウ at 18:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。