2010年04月21日

<阿部真理子さん>死去、51歳=イラストレーター(毎日新聞)

 阿部真理子さん51歳(あべ・まりこ=イラストレーター)3月29日、内臓疾患のため死去。葬儀は済ませた。お別れの会を後日開く。自宅は福島県郡山市深沢2の11の10。喪主は弟充宏(みつひろ)さん。

 都会的センスにあふれた絵柄で雑誌、新聞などで活躍。作品に絵本「ボクがこんなにふとった理由」、池澤夏樹さんとの共著「メランコリア」など。

【関連ニュース】
<写真特集>追悼 井上ひさしさん
<写真特集>追悼 木村拓也さん
悼む:映画評論家・双葉十三郎さん=昨年12月12日死去・99歳
悼む:囲碁棋士九段・元関西棋院理事長、橋本昌二さん

到着便のスーツケースから出火…成田空港(読売新聞)
舛添氏は「オオカミ中年」…新党発言に批判(読売新聞)
日韓関係「良い」日本57%、韓国24%(読売新聞)
障害者自立支援法訴訟13例目の和解 大阪地裁(産経新聞)
生活センター理事長、結局政務三役が選ぶ(読売新聞)
posted by ヤスダ キンジロウ at 02:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

一足早く通り抜け 大阪・造幣局で特別観桜会(産経新聞)

 大阪市北区の造幣局の「桜の通り抜け」が14日から始まるのを前に、「特別観桜会」が12日、身体障害者やお年寄りら約2千人を招待して開かれた。あいにくの雨だったが、参加者は大阪の春の風物詩を一足早く楽しんだ。

 通常の開催期間は混雑するため、障害者やお年寄りらにゆっくり観賞してもらおうと、昭和47年から続く企画。造幣局のサクラは遅咲きの八重桜が多く、12日時点で全体的に3分咲きだが、例年並みという。

 大阪府東大阪市から訪れた主婦、高橋勝子さん(67)は「晴れたら言うことなしだが、濡れ桜でも十分に楽しませてもらった」と話していた。

 一般公開は14〜20日。週末が見ごろという。問い合わせはハローダイヤル(050・5548・8686、午前8時〜午後9時)。

【関連記事】
「桃源郷」が見ごろ 福島・花見山公園
サクラ前線、民間3事業者予想は“善戦” 記録的早咲き「誤算」
【京のいろ】桜 醍醐味 秀吉やサルトルもめでた美、いま盛り
大阪、神戸で桜満開 花見日和は6日まで
花見シーズン「桜に取りつかれる日本人」 外電報じる 
外国人地方参政権問題に一石

<命名訴訟>「玻南」不受理は適法 最高裁、両親の抗告棄却(毎日新聞)
<たちあがれ日本>衆参両院に結成届提出(毎日新聞)
<子ども手当>「全額現金支給」厚労相が見解(毎日新聞)
<宇宙飛行士候補>訓練中の3人が会見「すぐ行きたい」(毎日新聞)
大和ハウス奈良工場で火災=けが人なし(時事通信)
posted by ヤスダ キンジロウ at 03:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

福岡競艇場の両腕、不明の会社員女性と断定(読売新聞)

 9日午前9時頃、福岡市中央区那の津の福岡競艇場で、黒いポリ袋に入った人間の両腕が見つかり、福岡県警は、同市西区の能古島(のこのしま)で3月15日、切断遺体の一部が発見された同市博多区の会社員諸賀(もろが)礼子さん(32)のものと確認した。

 発表によると、両腕は死後1〜2か月経過しており、鋭利な刃物で肩付近から切断され、一つの袋に入っていた。競艇場は博多湾に面し、袋はコースと博多湾を隔てる遮蔽(しゃへい)壁内側の海面に浮いていたという。

<掘り出しニュース>山口・湯田温泉の「白狐まつり」盛大に ゆるキャラ縄跳びも(毎日新聞)
新種の貝、志摩半島沖で発見=「単板綱」に分類、日本初−三重大(時事通信)
<転落死>ラグビー元代表・渡辺泰憲さん 鎌倉駅で (毎日新聞)
会社の金で高級ブランド品=海外旅行、ホストクラブ…−容疑で女逮捕・福岡(時事通信)
やせ細る兵士 北朝鮮の現実 9日、都内で写真展(産経新聞)
posted by ヤスダ キンジロウ at 12:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。